2015年05月17日

古のカラダの使い方学んできました。


5月6日、グラップラー刃牙の範馬刃牙のモデルになった平直行先生に古流武術を使った体のパフォーマンスアップの講習を受けてきました。

IMG_1041.JPG

初っ端の呼吸法でびっくりさせられた!
呼吸法については、高校生の時からかな〜釈迦の呼吸法を読んでやってたのは...
小中学生の時は、気功もやってたけど...あんまり呼吸法については...


今は、ヨガでいろいろ学んで...ヨガの場合は、呼吸法と言わずに調気法と日本語では表すのだけど...

先生、小さいときのめちゃくちゃな事言っているようで、ヨガでも一応ある技術をその時からやられていたよう。

呼吸法を見せて頂いたけど、かなりのレベルだと思いました。
方法だけなら、説明できるけど、見えて明らかに違いますと言ったのは結構難しい。

全盛期は、肺活量が6ℓ以上ですか...

俺は、半分もないな^^;

その後は、手の形、足の形を教わって、おおっこれはあれに似ているなとか、
足の形は柔道の足払いに使えるなとか...

あんまり教えません。秘伝ですから^^

後半は、お遊びという名の術の掛け合い。

これは、すごい事に気づいたな〜と、
取り合えず先生が本とかで書いたり外に向けて発信しない限り言わないつもり!

解剖学は、いろんな先生から習ったけど...
カラダについてはベースが解剖学であるようなとらえ方をされている方には、
なかなか見つけられないかもですね...
解剖学的に良い動かし方とかは、いろいろな方から聴くのですが、
そこにもまだ完成という事は、人それぞれが持っているモノが違うから微妙に変化もあるだろうし...

日本人と白人、黒人とかだと骨格も筋肉量も違うし...

おもしろいですね!カラダって!

合気道とかの術も深いレベルの方は、てこの原理では説明つきにくい事とかも、
もしかしたらこんなのがあったのかな〜っといった事を思いながら楽しんでた^^

いろいろ抵抗したんだけどね〜

平先生の術に、抵抗できなんだ!

カラダのパフォーマンスアップに採用させていただいてます^^v
− 平 直行さんと一緒です。
posted by kouga at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分とは?ヨガスートラ講義を受けて、湧いてきた事。


F5C55F91-E98E-4FD3-9A0A-41285988ABF1.jpg

自分とは、アベンジャーズの一員である…っと言いたいが…(^^;;

なぜ、ここにいるの?っといった問いは、2歳か3歳あたりに思ってそこからずっと問いがかかってる。
2歳か3歳あたりって、どうしてわかるのかは2歳から養護施設にいてお昼寝の時間に思った記憶が残ってるから…
3歳からは幼稚園なハズなので、昼寝の時間は幼稚園だから!

人間の記憶は、歪められる事が多いが、一応そうしとく…

大体の方が、記憶に残ってなくても死ぬということがわかり、怖くなったりして泣いてしまったりする時期があるらしい…

そこの記憶はない。

今日は、10時から17時まで、ヨガスートラ講義を受けてた。

ヨガスートラは、ヨガをしてる方なら、いつかは触れるべき教典だ。

直訳の本や解説した本読んだり、サンスクリットから読み解いたり実践したりのワークショップは過去に何度か受けているが、今回もまた違ったワークショップの仕方で面白かった。

サンスクリット読みして、直訳まではするけど、自分ならどう表現してみるかを考えてみたりしてた。
時間かかるもので、6時間で終えられるものではないが(当然、続きのワークショップがある)、一般の方に教える為にはの練習にもなった。

基本的に何事も、準備の整ってない方に説明するほど難しい事は無い。

ヨガをストレッチの様なものとか全く勉強もして無いのに、勝手な認識してる方に、ヨガとはね〜って、言っても全く話にならない(^^;;

馬に念仏状態で、蹴られちゃうがオチ…

そして、興味持ち始めた方に、教えるにしてもその人その人の段階によって言葉を選んでいかないといけない。

当然、教えるスピードは教える側のスピードでは無く、教えられる側に合わせないといけない。

ヨガのアーサナもそう…

腰痛や膝痛、手首や首を痛め、改善の為にいろんな先生に習ったりして改善したり、出来なくなった技をヨガのポーズから導き出して出来るようにしたり自分には成功体験がいっぱいあるが、それが全て合うわけでも無い。

また、目的に合わない時もあり、その時にレッスン受けて嫌になる方もいると思う。

骨盤周りの機能改善をする目的の時に、本人自身はそんなとこより手首痛をどうにかしたいと思って期待してこられたら、当然合わない。

もともとヨガのアーサナは、カラダの機能改善は副産物としてとらえてるのだが、そうやってこられる方はヨガスクールの方ぐらいでは無いのかな…

何も感じ無い事でも、継続する事により気づいてくる事は、あると思うがそうしてる方は少ないと思う。

一つの事に対して深める作業をする方は、かなりのハマりようかもと思ってる。

いっぱいレッスンを受けるのは、好きなだけでジャンキーな状態なのかも!

お菓子をいっぱい食べても、胸焼けしてから後悔するが、
高級料理店では、胸焼けする前に満足感に浸ることができ、また何日か経っても思い出せ、再度幸福感が訪れる。

ジャンキーな方に、お菓子は1日一袋までといってもなかなかセーブでき無い。
そこに食べ終えた時の幸福感は無く、食べてる時の刺激に酔ってるだけ。

アルコールも適量を抑えれない方は、同じ感じになり易い。

いいお酒ほど、ガブ飲みはし無いでしょう。

受け手の受け易い言葉にする力も身につけ無いといけないな〜っと思ったりもした。

昔では、受け手に対して、まだあなたはそのステージに立てていないのだから、学ぶ必要はないと言うだろうが…

もともとヨガは、誰しもが出来る、民間の体操とは違うモノでした。

今は、ヨガでも無いのに体操になんとかヨガと言って広めようとしてるとこも多く、
ヨガについて勝手な思い込みも植え付けられ易い。

わからないのはわからないで良いと思うのだが…

ヨガの最終目標の位置にあるサマーディは、正しい知識で継続することにより達すると、考えられるが継続というのは難しい。

毎日じゃ無くてもと、甘えるとそれはやら無くなる。

できない日があったなら、その分の回数やることが継続するコツだと思って毎日15分瞑想をしている。

歩く瞑想は、カウントしない事としている。

自分の考えや感覚器官の情報、感情を観ている者が、
自分だ!

それに振り回されもするが、
区別出来るようにしてる段階が今の光我がやってる瞑想。

時に違うタイプもする。

幼い時から、感情を時には観てる事もあり振り回されて、泣きわめいたりもあったが、
振り回されてる時の自分が観てるという記憶というものは、あまり残って無いね(^^;;

今残ってる、自分という存在は2、3歳あたりの自分はなぜここにいるのか?っと思っている思いを観てる自分が一番古い記憶なのだろう。

こことは、養護施設の事では無く、ここ…

この世っと言った感じ。

当時、家族とか家とかそういった感覚はわかってない。

最近の人の操作術というのは、感情や考え方の動きを利用した事が多い。

だから、他人が相手を支配しようとする時に、
判断の思考能力を奪い感情の動きに振り回されやすい状態にして、操作しようとする。

どんな時も、自分とは?

他人の評価も自分の評価も、口に出しても断片的な事で、時には当てはまらない。

自分とは自分でしか無い。

今の答えが、こうだが…もっとわかってくるとどうなるか楽しみだ(^^)




posted by kouga at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビギナークラス向けの指導法を学んできた


5月2,3,4日
しょっぱなからいろいろ考えさせられる経験をしたな〜

ヨガのビギナークラスの指導法をNYで教えているFrankMuroから2日間の12時間と3時間の逆立ちに関するレッスンを受けた!


小さい頃から、ケンカに強くなりたいといろいろ調べていたのが、
今のダンスにもヨガにも役に立っているのだけど...

教えることについては、カラダについていろんな知識知ってても、
それよりももっと大事なことを教わったと思う。

力の流れを先生が話しているときに、
思わずそれどうやって気が付いたんですか?
っと聴きたくなったくらいなこともあった。

そう力の流れが、自分が違う分野で知ってた事と同じように気づいてたから。
いろいろ細かい事を感じながらヨガをしてたのかなと思った。

ダンスもヨガもカポエラも、教えてくれと言われて仕事になったので、
あまり教えることに対して苦労してない部分があったのかもしれない。

しかし、教え始めてから14年自分なりには、いろいろ悩みいろいろなところで学び、そしていろいろな方法も試した。

一番驚いたのが、テレビ出たり優勝しても、お客さんあまり変わらない事だった
^^;

そして、マジになればなるほど、去っていく率は高い。

根本的に、考え方が間違えてた事に気づいたね。

基本的に光我のは、軽減法で教えてたかもしれない。

段階法も使ってたけど、ダンスの時は、最後までやっちゃうし...

パワーヨガも自分なりにはすごーく優しくしているんだけど...

キツイという事をうわさで聞いて、
ビビりながらきましたと言われたこともあるし...

これは、もうパワーヨガでは無いでしょと思うとこもあったけど...
さらに実験的にもっとビギナー向けにしていこうかなと思う。

光我のカラダ機能向上のためのメニューでもあったパワーヨガだったので...
整体効果と柔軟性とパワー全部鍛えられるからいいだろ〜って思いもあって、
お気に入りすぎてた^^;
自宅に留めておこう。
IMG_1016.JPG


IMG_0692.JPG
posted by kouga at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする