2017年06月23日

ヨガ逆転ポーズでのフロー動画アップしました。

こちらは、ヨガ中上級者用ですので、見よう見まねで行わないように!
とても危険です。
しっかりとカラダのコントロールが出来るようになってから行うか、指導者の下で行ってください。
私、光我は米国ヨガアライアンスRYT500認定登録者です。
ヨガを教える者として、しっかりと学んび経験を積んだうえで、指導についてます。


posted by kouga at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パワーヨガでのポーズの流れ、動画アップしときますね^^

先週のパワーヨガレッスンで使用したポーズの流れの一部です。
(逆立ちは、入っていませんよ^^; → 逆立ちは、中上級者用です。)

Parsvottanasana(パールシュヴォッターナアーサナ) →
Utthita Trikonasana(ウッティタ トリコーナアーサナ) →
Parivrtta Trikonasana (パリヴリッタ トリコーナアーサナ→
Adho Mukha Vrksasana (アドー ムカ ヴリクシャアーサナ)

最後の逆立ちは、やらなくていいですからね!笑
難しいポーズは、しっかりと指導受けて、カラダをコントロールする能力を高めてから行いましょう。
むやみに、力任せに行うとケガをします。


posted by kouga at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

捻りのポーズの3バージョン!

金曜日、土曜日のヨガレッスンで行いました仰向けになって、脚の開脚と脊柱の捻りのスプタ・パーダングシュタ・アーサナの立ちバージョンとヘッドスタンドバージョン、ハンドスタンドバージョンを動画アップしました。
Instagram投稿の投稿者: Kouga Kingさん 日時: 2017 6月 9 6:27午後 UTC


動画を観る時に、自分のカラダのどこに意識を持って行けば安定するのだろうと想像するだけでも、実際やる時の感覚を鍛える事につながります。

普段、自分のカラダは、どのように動いているかを俯瞰して観る事をしてるかどうか。

ダンサーやヨギーは、それを行なっている為に、バランスが取れない時に理由がわかり、操作が出来るようになります。

先生が理由を発見して言われても、普段からこの自分のカラダについて、意識を持っていく事をしてなければ、なかなか難しいです。

それに気づいたら、どうすればわかりますね。(o^^o)

光我のレッスンでは、それがまず重要であり、ポーズが出来る出来ないは、あまり重要ではないです。

私自身出来ないポーズは、いっぱいあります。
出来ない理由が本当にわかればネガティヴにはなりません。

バランスのポーズだと、力を入れたい箇所に力が入らない。

下から積み上げていくような、バランスが取れない。

などで、バランスをコントロール出来ない時の解決する方法は、すでに答えが出ています。

しかし、自身のカラダからの信号を受け取れてない状態だと、コントロールの出来る範囲が少ない。

かなり、余計な力が入ります。

筋肉があるから、カラダをコントロール出来るとは限らない。

まずは、意識を向ける事が大事でし。

これ、筋トレでも大事ですね。^_^


posted by kouga at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする